スピリチュアルは幻想か

IMG_7484
Photo by taka (7D)

非二元論の本を立て続けに何冊か読んで、なんとなく頭ではわかったつもりになっているのだけれど、もちろん悟りに入れたわけではないし、そもそも、腑に落ちない部分もある。

ワンネスである、ただひとつの「ただ在る」だけが本当に存在するものだとして、他のものはすべて幻想なんだろうか。

ぼくがぼくだと錯覚している「意識」とか「エゴ」とか、比較的身近な、そのようなものたちは、幻想である、ということは、なんとなく実感出来るけれど、たとえば、今まで高次の存在だと思っていた神との対話の神とか、ハトホルたちとか、そういうありがたい存在も幻想のひとつなんだろうか。それから、前世とか来世とか、そういうものも幻想とか意識の中の産物なのだろうか。

それとも、意識の中に世界が展開されていて、そこに次元があるのかな。もっとも、それでも幻想には違いないのだろうな。意識は幻想なのだから。

いやいや、まだまだ、ぼくの理解が乏しいせいで、おかしな方向で幻想の幻想をみているのかも。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ