ハイビスカスその後

IMG_9171
Photo by taka (7D)

久し振りに、ハイビスカスの花が咲いた。去年からうちにいるオレンジの方である。先日、ここのブログでも書いたけれど、一時はオンシツコナジラミの害にさらされて元気を失くすも、でんぷん系殺虫剤でなんとか切り抜けた後は、すくすくと育ち、やっと花を咲かせてくれた。

ところで、もうひとつの方、黄色のハイビスカスは、なんと、購入した後、つぼみがすべて落ちてしまった。環境の変化に敏感な植物なのかもしれない。それとも、うちに連れて来られたのがショックだったか。

で、このまま枯れさせてなるものかと、出来るだけ毎日、話しかけたり撫でたりして様子を見ていた。家族もいろいろ対処してくれていたようである。そのせいか?ここ数日で、やっと新しいつぼみを付け始めた。しかも、ひとつではない、複数の大小のつぼみが、まるで小さい子がおしゃべりしているみたいに、はつらつと元気な様子である。なので、こちらももうすぐ花を咲かせてくれそうだ。

さて、スピリチュアルな記事や不思議な出来事の記事からは、どんどん遠ざかっている。今日も、ぼくの絵日記のようなブログである。

それでも、日々をスピリチュアルに生きてる実感はある。以前は、スピリチュアルに生きよう、と意識的にしていたような気がするけれど、今は、無意識的にスピリチュアルな感じである。その結果なのか、自分の中のタイムラインがとてもスムーズに流れて行く。旅路はまだまだ長く厳しいようにみえるけれど、心配しなくても要所要所で用意されている感じである。問題はいろいろ起こるけれど解決も早い。

と同時にカンがするどくなって来ている。以前、5分後ぐらいの予知が出来るときがある、と書いた記憶があるけれど、今は午前中に夕方の予知が出来るときがある。

もちろん、これも偶然なのかもしれない。必ずわかるものでもないし。

最近では、倉敷の少女が行方不明になる事件があったけれど、あの事件が解決する日のお昼に、ぼくは、なんとなく夜に解決するような気がしていた。少女も無事である、と思った。そして、その通りになったので、ぼくはぼくでびっくり。

後からならいくらでも書けるので、調子のいいことを書いているみたいだけど、そうではない。実際にその日のことを書いているのである。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ