「岩合光昭写真展 ねこ歩き」に行ってきました。

6/7(金)の夕方、仕事を早めに切り上げて日本橋三越で開催されている「岩合光昭写真展 ねこ歩き」に行ってきました。

nekoaruki

Photo by ham (iPod touch)

写真では暗い感じですが、これは人の多さに圧倒されて慌てて撮影したため(+未熟な技術)で、実際には三越の催事場なので明るいところです。

この日に行くことは、週初めから決めていたのですが、直前になって岩合光昭さんの臨時のサイン会も開かれるということを知り、朝からドキドキしながら過ごす一日になりました。なんかね、初めてのデートを迎えた少年のような心持ちでしたよん(笑)

写真の数は222点(にゃんにゃんにゃん =^^=)。当然かもしれませんが、どれもこれもどこかにねこがいる写真ばかりです。ひとりアップのねこちゃん、ねこだらけの集合写真、或いは、広大な風景の中の一部と化しているねこちゃんなど、猫好きにはたまらない写真ばかり。どの作品も、観ている人を癒し和ませてくれるものばかり。

そして、カメラ好きのぼくとしては、どうやったらこんな写真が撮れるんだろう?と思うようなものも沢山あって、癒されるだけでなく、ぼくの中にある乏しい感性を触発して増幅してくれるような素敵な時間にもなりました。

サイン会では、大勢の方が並んですごい列が出来たのですが、待っているのも全然苦じゃなかったです。そして、無事に岩合さんとお会いすることが出来ました。自分の番が来たときは本当にうれしかったです。

実は、岩合さんにうちのねここを見せたくてiPad miniに入れといたのです。けれど、岩合さんにしてみたら、急にそんなもの出されても、面喰って困るかもしれないと思い、並んでいる間、出そうかどうしようか、ずっと迷っていました。でも、ノリでちらっとなら、見てくれるに違いない!と、サインをされているときに、パラリと開いて、「うちのねこです。」と言ってみたら、なんと、

「上手に撮れたねえ」

って言ってくれたんですよ!お世辞でもうれしいじゃないですか ^^

(この写真です。)
mycat
Photo by ham (7D)

なんかこうして見ると、ラブリーな三角おみみが切れていて、残念な感じもするけれど、もふもふ感が溢れていて自分でもお気に入りの写真だったのです。まあ、いい想い出になりました。

あ、それから、サインを頂いた後、握手もして頂いたんですが、すごくソフトな手触りでした。なんていうか、そう、それこそ、猫と握手したような不思議な感覚。なんか、忘れられない感じでしたよ。

そんなわけで、とても素敵な時間を過ごせました。
岩合さん、ありがとうございました。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ