想いの強さは、スピリチュアルの強度になる


photo by taka (7D)

スピ熱が醒めた、みたいなことを書いたけれど
飽きてしまったとか、我に返ったとか
そういうのではなくて、
誤解を恐れずに言えば、わかってしまった、のである。

自分の想いこそ、スピリチュアル。
強く想えば、近くに感じ
想わなければ、まったく感じない
それが、スピリチュアル。

見えない世界というものは
それが例えば、霊の世界だとして
それは、あるのか、ないのか、といえば
以前は、曖昧だったけれど
今なら、確かにある、と言える。

けれど、そこは
そんなに特別な場所でもなくて
これも誤解を恐れずに言えば
ぼくらのいる世界と
まるまる重なっている、とも言える。

だから
そこはスピリチュアルな世界だけど
ここもスピリチュアルな世界だ。

スピリチュアルではない世界というものは
どこにもない。

そしてその強度は
さきほども書いたけれど
想いの強度なのである。

それは、とってもシンプル。

シンプル過ぎて
まさかこれが、というようなこと。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ