音声入力大作戦

img_0868
Photo by taka (7D)

最近PCの入力が辛いと思うときがあり
キーボードやマウスを変えてみたり
色々試していたのだが
どうもイマイチで
とうとう音声入力方法を試しはじめた。

以前ならタイピングした方が早い!
音声入力なんて実用的ではない!
そう思っていた。

ぼくはタイピングには自信がある。
なんせもう30年以上叩いているのだから。

だいたい音声入力なんてやりだしたら
大勢の人がいる仕事場なんか
うるさくてしょうがないではないか。
そんなの現実的では無いと思っていた。

だがPCが原因で起こる身体の不調に気づいてから
出来ればキーボードもマウス使いたくない
と思うようになってしまった。

身体の不調は、肩こりから始まった。
次第に、無理が続くと
頭痛や肩甲骨の痛みを感じるようになり
数年来前からは、継続的に悩まされるようになってきた。

どんなにやる気を保っていたとして
身体の痛みを感じながら仕事をするのは
辛いものである。

そこでずっとありえないと思っていた
音声入力を試してみることにした。

PCにマイクをつなぎ
OS標準(Windows8.1)の音声入力機能を使ってみる。

それなりに言葉を認識するが使い勝手は悪い。
使い方を知らないだけなのかもしれないが
音声入力するたびに言葉の入力候補が一覧になり
ここから選択しなければならない。
これは大変面倒である。

Googleの音声入力機能も使ってみた。
こちらは、音声入力した内容を自動的に分析するので
入力候補の一覧などされず、そのまま文章が表示される。

誤変換も少なく、とても素晴らしいと思ったが
残念ながら入力画面が決まってしまっているので
一旦、その画面で音声入力した後
本来使いたいソフトに、コピペするような操作が必要だ。

やはり、いつものブログの入力画面で
キーボードを打つかのように音声入力したい。

音声入力とキーボードからの入力を
交互に出来るような形が望ましい。

いろいろ調べてみると有料だが
ドラゴンスピーチという音声入力ソフトがあるらしい。

これを、ダメもとで購入してみた。

実は今、そのソフトでブログを書いている。
なかなかよろしい。

まだ不安定な部分もあり
例えば、急に音声入力ができなくなることがあった。
再起動することで回避できるが面倒である。

ぼくのPCのハードウェア構成
またはソフトウェア構成との相性の問題であると思う。

少し試行錯誤が必要なようである。
もう少し使ってみて
このブログで再度評価してみたいと思う。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ