Rainy day , Happy day.

IMG_7203
Photo by taka (7D)

6月の日曜日の朝、絵に描いたような梅雨の日の始まり。淹れたばかりの珈琲の香り。ぼんやりと窓辺で外を眺めている猫。窓の外には、雨に濡れてうれしそうな満開のあじさいたち。それらぜんたいをひとつのつながりとして楽しんでいるぼく。

そんな朝のひとときを感じたぼくは、今度は、大自然の循環のひとつである、新鮮な湿気を含む空気の中を歩きたくなって、散歩に出掛けることにした。

玄関を出ると、ひんやりとした空気が心地好い。湿度は高いのだろうが、まるでミネラルウォーターの細かな水滴を吸っているかのような爽やかさを感じる。

一回り大きめの透明なビニール傘を開き、散歩を開始する。家の前の道を右に曲がり、ほとんど車の通らない県道をゆっくりと歩く。雨が降っているとは言え、小雨で風もないため、ぼんやりと歩いても大丈夫だ。胸いっぱいにミネラルウォーターな空気を吸い込みながら、しあわせなときを一歩一歩噛み締めるように、味わい歩く。

思わず、笑みがこぼれる。
そう、理由もなく。

まるで、キミと逢ったときみたいに。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ