生命体でなくてもオーラがある理由

img_2381
Photo by taka (7D)

ぼんやりとしながら
ギターが放つオーラを眺めていた。
そして、なぜ、生命体でないものまで
オーラがあるのだろう、と考えていた。

答えは、たぶん、簡単だ。

なにもかもが、光で出来ているから
ということなのだろうと思う。

すべて光で出来ている、ということと
外側の世界は幻想である、ということが
整合性が取れているかどうかは
ともかくとして

もしかすると
幻想の材料が光で
実相は、光とは違う何かなのかも。

いつも、何をしているときでも
自分の考えや行動を
ちょっとだけ離れたところから
みている存在を感じる。

これが、実相の入り口であり
光とは異なるもの
光を超越したもの
なのかもしれない。

もしも光が崩壊しても
存在は崩壊しない。

なぜなら
それは、常に在るものだから。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ