神さまからの贈り物

IMG_7391
photo by taka (7D)

ぼくは、雨の日も好きだ。

確か、ネコ歩きでおなじみの岩合さんも
仰っていた記憶がある。

もしも、天気予報するのなら
雨の予報のときには
「明日は、素晴らしい雨が降るでしょう!」
って言いますよって話だった。

まったく同感。

傘もささずに
濡れながら歩くのもよし

傘をさして
雨音を聴きながら歩くのもよし

雨合羽で完全装備して
豪雨の中を自転車走らすもよし

しずしずと車を走らせながら
フロントガラスの雨だれに
心ときめくのもよし

晴れた日の100倍は
変化に富んだ体験が出来る

それになにより
大自然の循環を
身体を張って受け止められる気がして。

ところで、雨の日は
霊との距離が近くなるような気がする。

昨日、死後の世界なんかあるのかいな?
みたいな話を書いておきながら
今日は霊の話をしてしまうけど

水のあるところに
よく、でる、っていうじゃないですか。

あれは、本当にそうだと思う。

10年ぐらい前、ぼくは
とっても怖い霊体験をしたことがあるんだけど
あれも、雨の日だった。
しかも、プールのそば。

きっと彼らのなわばりに
入り込んでしまったのだと思う。
だから、ちょっと怒られた感じ。

あれ以来、ますます、水には
気を付けるようにしている。

気を付けるっていうのは
怖がるわけではなく
なんていうか、大切にする気持ちね。

今日は、雨の一日だった。
朝から降り続き、まだ降っている。

春の雨、乾いた大地を湿らす
神さまからの贈り物。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ