やりたい分だけ宙ぶらりん

くり
Photo by taka (7D)

いろいろとやりたいことがあるんだけれど
どれも集中出来ずに、宙ぶらりんになっている。
好奇心だけで全力疾走出来た、若い頃が懐かしい。

あの頃のぼくと、今のぼくでは、何が違うんだろう。

ふと思い出すのは、20代前半
手に入れたばかりのパソコンに夢中になって
寝るのも忘れて、プログラミングしたこと。

まだWindowsがない時代の話で
プログラミングするのも一苦労だったけれど
とても楽しかった。

比較的規模の大きなソフトウェアでも
ぼくは、ひとりですべてを完成する自信があったし
実際に、商品化して販売した。

いまは、日曜大工的なプログラミングでさえ
すぐに息切れして、飽きてしまい
完成までたどりつかないこともある。

ほんとに、いったい、何が違うんだろう。
すぐに思い当たるのは、歳をとってしまったこと。

でも、それだけじゃない。
きっと、夢とか、情熱とか、そういうものが
薄れてしまっているんだ。

じゃあ、なぜ、夢とか情熱とか
そういうものが、薄れてしまったのだろう。

なんとなく、だけど
自分の中で、見返りを計算してる気がする。

確実に何かを生み出すものでなければ
したことが無駄になってしまう、という気持ちを
自分の内面に感じるのだ。

見返りといっても、お金をイメージしているのではなく
どちらかというと、人生の折り返し地点を過ぎて
残された時間を効率よく使いたい、というような感じ。

だが、そんな気持ちが、逆効果になっている。

何も考えなければそこそこ飛べるのに
いろいろ考えてしまって飛べなくなってる。

そんな気がする。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ