インターネット VDSL方式から光回線への工事

pb240958
Photo by taka (31MR)

うちのインターネット回線が、光回線になった。
今日の午前中、NTTの人が来て、工事してくれたのである。

これまでも光回線、という契約ではあったが
VDSL方式というものだった。

これは、NTTからマンションの入り口までは光回線だが
マンション内から自宅まではメタル回線という代物である。

このVDSL方式でも、何ら不便を感じることはなかったが
NTTからすべて光にしたい、と連絡があり、工事してもらった。

この工事によりメタル回線の使用はなくなり
マンション内も含めてすべて光回線を使用することになる。

新たに光ケーブルを設置するのだから
それなりに時間がかかるのかなと思っていたら
30分ぐらいで終わってしまった。

メタル回線が通っている配管みたいなところに
光ケーブルを、するすると通して
ぱぱっとつないだ感じだ。

速度的には、30~60Mbpsだったものが
60~90Mbpsまで向上した。

速度テストで
90Mbps超えの表示が出たときは
思わず、うぉっと声が出た(笑)

ぼくが初めてパソコン通信を
始めたころの回線速度は、2400bpsだった。

単純に計算しても
25,000~37,500倍の速度である。
いい時代になったものだ。

2400bpsの回線速度だと
画像一枚表示するだけでも
結構時間がかかる。

なんせ、1秒間に2400ビット=300バイト分の
通信しか出来ない。

通信に際しては
画像データだけやりとりするわけではないが
仮にそうだとして
今なら一瞬で見れる50KBの画像を例にすると
ダウンロードするのに167秒
3分ぐらいの時間がかかっていたわけだ。

しかも当時は電話回線だったから
確か、3分10円で通信していた。

それでも、妙な画像やソフトがほしくて
夜な夜なこっそりダウンロードしたり
チャットしてたり。

電話料金と通信料金で
何万円も払ってた記憶もある。

今は、数千円で使い放題。
ほんとにいい時代になったものだ。

今回は、30分ぐらいで工事は終わったけれど
工事のために、棚にあるものをどけたり
掃除したり、プロバイダの接続の再設定や
複数台のPCや無線LANの動作確認など
なんだかんだお昼過ぎまでばたばたしていた。

このようなイベントは
トラブルが出ると1日潰れたりするので
ほんとうは、避けたいのが本音だが
うまく移行出来てよかった。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ