ハイビスカスのように

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Photo by taka (31MR)

このブログでも、何回か撮り上げたハイビスカス。12月に入り、埼玉も寒い日が続いているけれど、なんと、まだ花を咲かせている ^_^

とは言え、夏のときのように、毎日咲かせているわけではない。例えば、今月に入ってから咲いたのは1回だけだ。写真は今月のハイビスカスが咲き終えたときの様子である。

夏のハイビスカスは、朝から開き始め、昼、満開になり、夜には写真のように花弁を綺麗に巻いて、次の日に花を落とす、というような動きを見せてくれる。

なんとなく働き者のお母さんのように、朝は、きっちりと早起きし、一日中笑顔で働いて、夜は、一日の感謝をして、明日の支度を整えてから眠りにつく、みたいに思えて、とてもいとしいのであった。

そして、冬のハイビスカスは、と言うと、なんとこの工程を、何日もかけて行う。

今日、蕾が開き始めたら、翌日に満開になり、翌々日に花弁を閉じて巻く、みたいな。ゆっくりだけれど、ちゃんと手を抜くことなく、最後までしっかりとしているのであった。

散る前に花弁を畳む様子も見事だと思ったけれど、こんな冬になっても、とにかく自分の出来る範囲でゆっくりゆっくり花を咲かせ、そして散るまでの工程を、マイペースだけど完璧に行うハイビスカスは、本当に立派だなあと思う。

ついつい、先を先をと急いでしまうクセのついてしまったぼくだけど、ハイビスカスの姿に感動しながら、出来るだけ、ゆっくりと、その時々のその場を味わいながら、かみしめながら、生きようと思うのであった。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ