10年前のぼく

128_2875
Photo by taka (ixy)

もう少し若い頃には、夜が更けると運転したくなった。好きな音楽を聴きながら、窓を開けて、風を切りながら、ぼくは目的地があるわけでもないのに、1人、国道や高速道路を走った。

当時(10年前ぐらい)のブログを読むと、100キロ走るぐらいがちょうどいいと書いてある。今に比べたら、元気で無鉄砲だったのだなあと思う。夜中に用もなく100キロ走るなんて、今じゃ考えられない。

しかし、そう考えたとき、それではいつからぼくは、夜更けに100キロ走る元気なぼくから、今のこんなぼくに変わってしまったのだろう?ある日、がらっと変化したのだろうか。それとも、徐々に変わっていったのだろうか。

運転だけではない。様々なことについて、思いだしてみると、今のぼくとは明らかに異なるぼくが、そこにいる。あのぼくが、どういう経緯で変化を遂げて、今のぼくになっているのか、考えてみたり、思いだしてみたけれど、わからない。

ひとつは、311が、大きな変化の原因になっている自覚はある。
だが、それだけではないはずだ。

まだ、スピリチュアルという言葉を知らない頃。
今よりも、もっとわがままに生きていた頃。

そんなことも関係しているのだろうか。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ