金曜日の朝

やっと、金曜日まで辿り着いた。

先週の体調不良からの復活とリハビリみたいな週だった。わけのわからない課題ばかりで悩ましい今の現場だけど今週は以前やっていたプロジェクトの知識やコネクションを最大限に使える仕事がメインだったのでなんとか乗り切った感じである。
しかし、ここの仕事のやり方には馴染めない。すぐにでも「お世話になりました!」と言って飛び出したい気持ちでいっぱい。残り少ないかもしれない今生の時間、こんなことに費やしてていいのか、という気持ちになる。まあ、スピリチュアル的には、意味があって、こんなとになってるのだとは思うけど。
ここにいる人たちは、自分たちのやり方が正しいと自信を持っている。しかし、実際には、自分たちのやり方が自分たちのローカルのものであることに気付いているし、それが不安の種であることにも気付いている。だから、新しい参入者に、そこを突かれるとはとても厳しい反応をする。そこのところは、最後までつついてはいけない場所なのだ。
昔のぼくなら、そこをつついて遊んでいたけど、今はそんな不毛なことはしない。それより、早くこの場を整理してちゃんと決着つけて、次に行きたい気持ちでいっぱいだ。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ