ちょっと一服

秋の夜の濃密な深み

梅雨明けとお盆

それから、そのまま、裸で眠る

東京の人間、岩手の人間

壊れている心を使って、心そのものを直すことはできない。

不思議なエレベーターの初夢をみた