よだかの星で泣く日曜の午後


Photo by taka (x2)

今日の午後、なぜかわからないが
とつぜん「よだかの星」を読みたくなって
青空文庫(ネット上にある無料の電子図書館)で読んだ。

短編なので、あっという間に読み終える。
そして、いつものことだが、
読んでるそばから、泣けて泣けて。

なんだか、そんな日曜の午後。

ここで読めます。
よろしければ、どうぞ。

よだかの星 宮沢賢治(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/473_42318.html

昨日のブログで話題にした
フランク・キンズローさんの著書は
よく利用するネット上の古物商のサイトで
見つけたものである。

ぼくは、古閑博丈さんの翻訳のファンでもあるので
内容も確認せず、注文した記憶がある。

あのときは、この2冊が並んで売られていて
どちらも、迷わず、購入した。

ユーフィーリング! ―内なるやすらぎと外なる豊かさを創造する技法
ユーフィーリング! ―内なるやすらぎと外なる豊かさを創造する技法

クォンタム・リヴィングの秘密―純粋な気づきから生きる
クォンタム・リヴィングの秘密―純粋な気づきから生きる

せっかくみつけた2冊も
そのような経緯で手に入れたものだから
すぐに読まずに、本棚に直行していたのである。

ところが、この年末年始あたりから
存在が、気になり始めて、読み始めた次第だ。

同じくキンズローさんの著書で
こちらは、古閑博丈さん翻訳ではないのだが
こんな本も出版されている。

どうも、先の2冊とともに、3部作のような感じで
こちらが、トップバッターのようだ。

瞬間ヒーリングの秘密―QE:純粋な気づきがもたらす驚異の癒し
瞬間ヒーリングの秘密―QE:純粋な気づきがもたらす驚異の癒し

そこで、このトップバッターを読んでみたくなり
さきほど、注文してしまった。
今度は、古本ではなく新品の注文である。

ユーフィーリングの本の帯には
心の底からの望みをかなえてくれる、と書いてある。

もちろん、望みがかなうのならば
それに越したことはないけれど
望みは、かなってしまえば、それで終わる。

それよりも、ぼくが、いま、もっとも興味があるのは
やはり、心の外に出た状態で
本来のぼく、というものを
もっとはっきりと認識してみたい、ということである。

これを「純粋な気づき」というようだが
まだ、ちょっとしか読んでないので
間違ったことを言ってるかもしれない。

純粋な気づきからやって来る無限のやすらかさ

やすらかさは、安心をもたらし
感情、思考、行動を支えてくれる。

その仕組みを
もっと、解き明かしてみたい、というような
気持ちで読んでみたいのである。

それに、さきほど、望みがかなう話をしたけれど
無限のやすらかさを感じながら
生きることが出来るのであれば
望みなんて、必要なくなるように思う。

なぜなら、有限でも、たとえ一瞬でも
愛する人と見つめあうような
真のやすらかさを体験すれば
他に何もいらない、というような気持ちになるから。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ