ゼロポイント、オートチューニング。

IMG_8376
Photo by taka (7D)

昨日よりも今日の方が、調子がいい。病み上がりの状態を抜けだしたように感じる。午前中は、身体の内部からエネルギーが湧き出て、溢れるような感覚がしばらく続いた。なんだか不思議な感覚であった。

ぼくは、体調が悪いときこそ、スピリチュアルの実践である、みたいに考えるところがあって、例えば、瞑想してバランスを整えて体調を元に戻そうとか、頭痛の痛みは幻想なのだから、消してしまおうとか、いろいろと試してみたりする。しかし、体調が悪くふらついた状態で、あまりうまくいかない。そして、やっと眠りについたか、と思いきや、悪夢でうなされてくたくたになり、返り討ちにあったような気分になるのであった。

そんな中で、スピリチュアルとは違うかもしれないけれど、ヘミシンクのペインマネージメントのCDは、効き目があるので重宝している。痛みを忘れて眠りの世界に直行出来る。CDを聴いて効果を得られるのだから、CDなしでも上手に瞑想すれば、なんとかなるはずなんだけど。やはり修行が足りないか。

瞑想のような霊的な手段で、身体の痛みや辛さを抑えるためには、感覚をゼロポイントに合わせることなのかもしれない、と思っている。ペインマネージメントは何らかの振動を脳に与えることにより、ゼロポイントにオートチューニングしてくれる効果があるのではないか。

ゼロポイントとは、マイナスの感覚(痛み)とプラスの感覚(心地好さ)の両方を兼ね備えると同時にどちらも含まない状態である。(ぼくのイメージね。)そして、この状態に達するためには、瞑想しながら、どんどん脱力させていく。プラスにもマイナスにも属さないよう、どんどんリラックスさせていく。なにもかもがだらんとした状態が、ゼロポイントな状態である。だから、決して、集中力をもって瞑想などしてはいけない。集中力を使っているうちは、ゼロポイントに辿り着くことはない。

もちろん、これはぼくの妄想である。読んでいて、そうかもしれないなあ、と思われる方は、今度頭痛や歯痛などに襲われたとき、どんどん脱力させて、試してみるといい(かもしれない。)


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ