夏休みLOVE

IMG_4141s
Photo by taka (7D)

頂いたぶどうである。
とても甘く、キレがあるさっぱりとした上品な味で、美味しかった (^_^)

さて、お盆休みは取れなかったけれど、一週間遅れで、現在、夏休みLOVE中なのである。

この休みを利用して帰省することも考えたけれど、それは秋に計画することにして、ゆったりと過ごすことにした。少し前から構想していた「撮影した写真をPCにコピーするときの便利ツール(ソフト)」を作ったり、郵便物を出したり、買い物したり、映画館でグッズだけ物色したり(スタートレック)、ヒルズのLOVE展を観に行ったりと、小粒だけれど、このようなまとまった休みがあるからこそ出来るようなことをしている。

ぼくは、例えば、土日の休みがあっても、2日間をまるまる何かにあてるような計画はしない。何か予定をする場合は、土曜日をあてて、日曜日は予定を入れない。日曜に入れたとしても、気が向いたらやろう、ぐらいの予定しか入れない。言い換えれば、休みの最終日は、何もせず、家で寝ていてもいいようなスケジュールにする、ということだ。

このような考え方でいると、休みが1日しかない場合、予定が入れられない。休みの初日が最終日になるわけだから。そして、実際に、ぼくは、このようなとき、予定を入れない。従って、仕事が忙しくなり、週に1日しか休みが取れなくなると、予定が出来ない日々が続くことになる。これは周辺との摩擦の原因になる場合もあるけれど、ぼくとしては、そうしないと次の週がとても辛いものになるから、基本、最優先事項としている。

そんなわけで、今回のようなちょっとまとまった連休が出来ると、あれこれ出来るのでとても良い。自分のバージョンが上がったような気分になる。(なら、最終日は何もしないなんて言わず、あれこれ予定すればいいんだけどね(笑))

さて、今日が終わると、残る休みは、あと2日。明日も明後日も予定はないのだけれど、頭の中では、明日は、近くのペットショップに行って、ねここさんの草の栽培用の土を買い、それから種まきをする予定(すぐに終わっちゃう予定だね)で、明後日は、本でも読みながら、音楽でも聴きながら、ぼーっと過ごそうかなと思っている。

一日をアクティブに過ごす方から見たら、なんてつまらない過ごし方なのだろう、なんてぼんやりと過ごす人なんだろう、勿体ないではないか、って感じかもしれないけれど、ぼくにとっては、気の合う人と遊んだりおしゃべりすることも、部屋にこもって何するわけでもなくじっとして過ごすことも、どちらも同じように大切で楽しい時間だ。

ただ、書きながら、ずっと思っていたのだけれど、こんな時間の使い方をしているぼくは、結局、時間の奴隷になったまま、不自由から脱出出来ないでいるということである。そして、時間の奴隷の前に、今の社会のしくみの奴隷になっているということでもある。

嫌なら、一瞬で奴隷を終わらせて、自由の身になれるのに。
いろいろと考えさせられる夏休みなのである。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ