冬の朝に

IMG_2746
Photo by taka (7D)

今朝、窓の外をみたら、朝焼けの中で、霧に覆われた街並みが、まるで浮かび上がるように見えて、思わず写真を撮った。あまり上手に撮れなくて、その光景を伝えきれないのだけれど、大自然と人の営みの融合を感じたような気がした。

冒頭の写真は、ぼくの部屋から見える風景。

それから、こちらがぼくの部屋とは反対の方向になるベランダから見える富士山。
このブログでは、おなじみの風景。

IMG_2751
Photo by taka (7D)

朝焼け写真を撮ったあとの写真なんだけど、もう太陽が昇っていて明るい。
先日、富士山に初雪が降った、と聞いた気がするけれど、もうすでに真っ白だ。

どうも氷河期に入ってしまったらしい、という話も聞く。
世界のあちこちで寒さや大雪のニュースが流れている。
地球は、どんどん変化している。

ぼくも、どんどん変化している。
ここ1か月ぐらいの間は、かなり、めまぐるしい。

自分や自分の過去、または、自分と縁のある人たちの、霊的な意味とか関係性を考えるのにとてもいい機会になっているような気がする。

そして、生まれてから今までの間、自分に起きたことは、今、このときのためにあるのだ、ということを実感している。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ