Khadi カディ

Khadi

今年なって、3着お洋服を買いました。コットンの白いコートと、麻の赤いシャツ型ワンピースと、オーガニックコットンの藍染めフレアーワンピースです。どの服もわたしを待ってくれてたんじゃないかって(かなり勝手に)思うくらい気に入って買ってしまいました。ブランドが全く違うこの3着、意識したわけではなかったのに、気が付くとすべて「MADE IN INDIA」、そして「Khadi(カディ)」でした。

これらの服に出会うまで、Khadi という言葉を知りませんでした。Khadi とは、インドの手紡ぎ手織りの生地のこと。インド独立の父、マハトマ・ガンジーがインドの人々の自立を促すために広めたものだそうです。手織り手紡ぎなので、糸や織りに不均一さがあるけれど、それがまたとても温かい。(ちなみにオーガニックコットンのワンピースは、シルクのようになめらかで柔らかい。それはそれで、丁寧に作られた温かさが伝わってくるのです。)

考えてみたら、ここ数年で、食べるものも着るものも、どんどんナチュラルなものになってきています。このまま、生き方ももっともっと自然になって自由になって、本来の姿に近づきたい。ワタシの真ん中はいつも穏やかで静かであるように。

そしてその穏やかで静かな場所で、今、地球上のあちらこちらで起こっているいろいろなことをきちんと受け止めたい。

  • Khadi カディ はコメントを受け付けていません。

おへそのけむり

阿蘇

世界最大級のカルデラと言われている阿蘇。外輪山から見るカルデラの中の景色は、ずっとわたしのお気に入りの風景でしたが、最近は、黄砂やPM2.5などの影響でなんだかいつもすっきりしません。火山灰や黄砂であれば、地球の営みの一部として受け入れるしかないと思えますが、人間の営みから生まれた化学物質についてはなかなか諦めがつきません。

春の陽気に誘われて出掛けた今日の阿蘇は、私の記憶の中のお気に入りとは透明度が違うものの、最近にしては比較的きれいに見渡すことができました。

阿蘇、阿蘇と言っていますが、阿蘇山という山はなく、中岳・高岳・根子岳・杵島岳・鳥帽子岳の阿蘇五岳とさらに五岳の北側の阿蘇谷と南側の南郷谷、これらを取り囲む外輪山までぜんぶ含めて「阿蘇山」なんですよね。そして、カルデラ内の阿蘇五岳は、お釈迦様の寝姿「涅槃像」にたとえられています。

今日のお釈迦様は、おへそからけむりをモクモク。地球は生きていること、そして、わたしたち人間も地球の一部であることを再確認して帰りました。

 

 

 

 

 

  • おへそのけむり はコメントを受け付けていません。

月ヨガ

yoga

昨日(未明)の満月は、今年一番のちいさな満月だったそうです。

日々の暮らしのなかで人間関係などに疲れてしまうとつい、「あ~月に帰りたい」と呟いてしまうほど、わたしにとってお月さまはいつも特別な存在でした。できれば、太陰暦で暮らしたいとさえ思いますが、残念ながら社会的にはそれはなかなか困難なことです。

そんな中で、お月さまのリズムに合わせて毎日続けていることがひとつだけあります。「月ヨガ」です。島本麻衣子さんというインストラクターのかたが出された『ヒーリング  月ヨガ』という本に付いていたDVDを流しながら、毎朝30分ヨガをしています。ウォーミングアップの準備運動と太陽礼拝のあと、その日のお月さまに合わせたポーズや呼吸法を行います。毎日続けていると、カラダは毎日違っていることを実感できます。カラダの声を聴くことができるようになります。

これからも毎日ヨガりますね。おばあちゃんになっても続けていたいな。

 

  • 月ヨガ はコメントを受け付けていません。
Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 17 18 19 Next

return top