青山一丁目の仕事場の思い出

151_5129
Photo by taka (ixy400)

10年前の春の頃、青山一丁目の仕事場から撮影した写真。右側が246と交わるT字路。知る人ぞ知る神宮外苑の銀杏並木、桜が散るのを合図に、銀杏が一気に葉を付けて若草色に萌えた様子が見事である。写真の出来はちょっと悪いけど。

青山の仕事場はもうないけれど、鮮明に思い出すことが出来る。今まで、いろいろな仕事場を回ったけれど、ここの仕事場がもっとも良かった。ダントツに良かった。そして、ここを上回る仕事場は、そう簡単に見つからないのだ、と思っている。

あの頃のぼくは、怖いものがほとんどなかった。

特に仕事に関しては、ぼくに出来ないことはないと思っていた。どんな案件が来てもこなす自信があった。いや、自信があった、という書き方は少し違うかもしれない。そもそも、自信なんか必要なかった。出来るのが当たり前だったのだ。

だが、そんな気持ちでいたのも、ここの仕事場までだった。

次の仕事場から、どんどん気持ちの変化が始まる。そして、あれから10年、今では、目の前に現れた仕事が、ぼくに出来るのだろうか、などと弱気になることもあるぐらい。

なぜ、ここまで変化したのか、自分でもよくわからない。

ただ、こうしてぼくの歴史を順に並べていくと、変化が始まったのは、この青山の仕事の後から、ということと、それとほぼ同時に起こったスピリチュアルな気づきによるものがいくらかは関係していることは、間違いないような気がする。

実は、青山の仕事場の後、ぼくは株式会社をつくった。

代表取締役社長になったのである。そんなことをするつもりはなかったけれど、あのとき、いろんな縁が一気に集まって来て、気が付いたら、ぼくは社長になっていた。(させられていた、という言い方の方がいいかな。)

芝公園のそばに小さな事務所を構えて、約2年間、社長をやった。

そのあと、後任者に社長を任せて、ぼくはそこの会社を辞めた。
もともと雇われ社長のようなものだったし、そもそも、ぼく自身、どんなに小規模なものでも、会社組織というものは肌に合わなかった、ということもある。

そして、今に至る、というわけだ。
この流れのどこかで、ぼくに大きな変容をもたらす何かがあったのだ。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ
  • 青山一丁目の仕事場の思い出 はコメントを受け付けていません。
コメントは閉じられています。

return top