アセンションとスピリチュアル

IMG_1685
Photo by ham (X2)

2012年のアセンションのイベントが、3次元的には、特に明確な何かが起こることもなく過ぎ去り、スピリチュアルに対する様々な夢や期待がしぼんでしまった方もいらっしゃるかもしれない。

ぼく自身は、2010年を過ぎた頃から(特に311以降)、「これぞアセンション!」というような何か特別なことは起こらないのだろうな・・・と思い始めていたけれど、その半面、どんどん壊れていくように見える地球、というか、地球上の人間社会を横目で見ながら、内心、何か起きてくれたらいいのに、と思っていた部分もあり、だから、正直、ちょっとだけ残念な感じもした。(何か起きてくれ~は、もうまるまる依存の領域に入ってるから、スピリチュアルじゃなくなってるけどね)

もちろん、だからと言ってスピリチュアルに関わることをやめてしまおうとは思ってはいない。むしろ、ぼくらが現実と思いこんでいるこの世界とスピリチュアルな世界をつなぐ方法について、再考する機会なのかもしれないなあ、なんて思っていた。

でも、今回、ここを構築するにあたり、BOOKSのトップバッターの記事としてのバーバラさんの「光の手」について、ちょろちょろと再読しながら書いていたら、再考も何も、まだまだぼくの学ぶ(思い出す)べきことは沢山あって、それらを試してみるのが先であろう、というような気持ちになった。そもそも、アセンションのイベントがあろうがなかろうが、それは光に戻るまでの途中経過でしかないわけで、魂の成長はまだまだ続くのだから、当たり前のことである。なんせ、螺旋だからね、いいんだよ、これで(笑)

何を書きたいかと言えば、スピリチュアルから抜けだそうとして、前のブログ(地球を救え!)をやめて、このサイトを創ったわけじゃなく、もちろんスピリチュアルももっとも大切なテーマのひとつとして、話を続けて行きますよ~、ってことである。

・・・ちなみに、2012年のアセンションのイベントは、確かに何も起こらないように見えたけれど、ぼく自身は、ぼくらの認識出来ないところで、ちゃあんと「何か」が起きたと思っている。それはなんだかは、ぼくにはわからないけれど。(そして、それは、今でも引き続き、起こっているような気がする。これから何年も続いていくんだ、きっと。)


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ
  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top