占星術 概要

All tracks written by ham 1996-2012



■占星術とは

占星術とは、天体の運行状態(*1)と人間社会のさまざまな関係を追求していく学問です。

などと書くと堅苦しいですね(笑)

その昔、それは多分、人間が、文明と呼べるようなものを創りだすよりも、もっともっと前の頃から、人々は天空に光る星々の動きに、ある一定の周期があることを発見しました。きっと、空を観るのが好きな人がいたんでしょうね。そのうち、一定の周期は、1年の単位として認められ、次第に暦作りに利用され、種まきや収穫の時期など、人々の営みに役立てるようになりました。
星の動きが自分たちの生活に密接な関係があるのだ、と理解した人間は、宇宙の星々の動きと地上の出来事の関連をまとめはじめます。例えば、春の星空の下で生まれた子は勇敢な男の子が多いとか、そんなジンクスのようなものが始まりだったかもしれませんが。 こんな感じで星占いは始まっていったように思います。



*1
「天体の運行状態とは、太陽系を構成する天体とそれらの通り道をいいます。
占星術で使う天体と通り道については以下の通りです。

<占星術で使う天体>
太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星
※他の太陽系の星を使う方式もあるがここでは取り入れない。

<天体の通り道(黄道)>
牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、 天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座
※黄道とは天球上の太陽の通り道である。


占星術メニューに戻る

My some blogs and homepages was redeveloped as an hampremium.com in 2012
このサイトの全ての文章、音楽、画像等を転載する際は必ずお知らせください。