CAMELの余韻が止まらない


Photo by taka (31MR)

珈琲にチョコクロワッサン。
スヌーピーの耳が
何かに反応している。

ライブの日から2日経っているのに
CAMELの余韻から離れられないでいる。

あれからずっと
頭の中でメロディーが流れて続けてる。
雪解け水のように美しく力強く。

身体中で感じたビートも
まだ、ここにある。

生きててよかったって思えることは
そんなに頻繁に訪れることではないと思うけど
素晴らしい体験だった。

本当に素晴らしい体験をすると
「生きててよかった」と
「もう死んでもいい」が
セットになってやってくることもあるのだ、
ということに
ぼくは、初めて気づいた気がする。

最近のぼく。

長年の間、ずっと形に出来ず
もやもやとしていた仕事のアイデアを
やっと具体化出来て、動き始めてる。

ブログの更新が途絶えがちなのも
アイデアを形作るために
心を集中させていたことで
他のことを考える余裕がなかったから。

ちょっと落ち着いて来たから
以前のように
もう少し頻繁に書きたいと思ってる。

今回のアイデアは
リアルの自分と、ネットの自分との
折り合いをつける、という点でも
重要な意味を持っているので
そんなことを確かめる上でも
ブログを書き続けるという行為は
とても大切な気がするのです。

たとえ、読んでる人が
ほとんどいなくても。


にほんブログ村 こころの風景
人気ブログランキング ナチュラルライフ